FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袋の類は大切なのに蔑ろにされがちなアイテムなんじゃないかなぁ。
エンカンブランス(重量)がきっちりルール化されてるゲームなら、袋の容量を考えながら「この重さなら運べるな」とか、「この重さならロバに牽かせなきゃ駄目だな」とかってなるんだけど、そもそもエンカンブランスの概念が無いゲームなら考える必要が無い為、非常にアバウトになってくる。

GM「おいおい、君のキャラクター は銀貨を持ち歩いてるのかい?」
PL「うん、そうだよ」
GM「5000枚も袋も無しにどうやって持ち歩いてるんだい?」
PL「ポッケに入れてんだよ」
1円玉と同じ大きさにしたって、5000枚の銀貨がポッケに入れられるとは思わないけどなぁ。

まぁ、そんな訳で、多過ぎるお金は宝石に換えたり(当然多少の目減りは覚悟する事になるよ)、銀行を設定してるゲームなら預金しておこう。
普段持ち歩いてるお金ならまだしも、ダンジョンの中で大量のお金を発見した場合、どうやって持ち運ぶかが問題になってくるケースも多い。やはり袋は大活躍してるアイテムなんだよね。

袋には「背負い袋(バックパック)」、「袋(大、小)」、「水袋(水筒)」、「ポーチ」、「ベルトポーチ」なんかがある。

背負い袋はランドセルみたいな形のものが使い易いだろうねぇ。特に戦士は両手が塞がってちゃ戦えないから、両手が開く背負い袋は基本装備だろうね。魔術師の背負い袋には呪文の書なんかが入ってるんじゃないかな?

普通の袋は、ずだ袋だろうね。サンタクロースが担いでるような袋だよ。

水袋は大型の動物の内臓(膀胱とかかな)から作った水筒で、真水やを入れて持ち運ぶ。これがなければ命に関わるから、最低でも一人一個は持ってるハズだ。革の匂いが水に染みちゃうけど、我慢ガマン。
精霊使いなら、『ロードス島戦記』のディードリットみたいに水の精霊を住まわせてるかも知れないね。

ポーチは小さな袋だね。魔術師が魔法に使う触媒なんかを入れていたりすると思う。サイフ代わりにもなるけど、お金は盗賊に掏られたら堪らない。しっかり別の場所に保管しとこう。

ペルトポーチは盗賊の道具の一部が入ってそうだよね。金てこだとか、ピックだとか。まぁ、街の衛視に捕らえられた時に申し開きが出来なくなっちゃうから、街にいる時はそんなとこには入れてないだろうけど、ダンジョンの中ならすぐに取り出せて便利だよね。

使い道を色々考えると、袋というアイテムもなかなか面白いんだよ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。