FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケルトン

スケルトンって言葉は一時を境に流行ったよね。まぁ、透けている素材で出来たものを「スケルトン仕様」なんて呼んでるけど、元はといえばskeletonは「骸骨」って意味なんだよね。
TRPGに登場するスケルトンは骸骨が負の生命力で蘇ったアンデッド・モンスターで、骨格だけだから生命力(…ってなんかアンデッドには不思議な表現)が少なくて、簡単にやっつけられるザコ敵の一種として扱われているよね。

よく似たモンスターに「スケルトン・ソルジャー」だとか「ドラゴン・トゥース・ウォリアー(竜牙兵)」ってモンスターがいる。こいつらは見た目はスケルトンなんだけど、一種のゴーレムで、剣の扱いが上手いんだ。駆け出しの冒険者なら簡単に倒されちゃう。
どうやらこの手のモンスターはレイ・ハリーハウゼンが特撮を務めた『アルゴ探検隊の大冒険』っていう映画の影響が強いのかな?この映画に登場する7体の骸骨戦士は、ヒドラの歯から生まれた一種の魔法生物で、主人公らと互角に戦う強敵なんだ。

アルゴ探検隊の大冒険アルゴ探検隊の大冒険
(2003/12/19)
トッド・アームストロング

商品詳細を見る

アンデッドのスケルトンは残念ながら戦いはからっきし弱い。知能も無いしね。
とりあえず、僧侶 の祈りか魔法、魔術師 などの炎系の魔法で退治して安らかな眠りにつかせてやるのが、せめてもの人情かもね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。