FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押井守

押井守監督のアニメや映画が大好きなんだけど、たまに『Wizardry』の用語が出てくるから、そういう意味でも面白いんだよね。
例えば、OVA版『機動警察パトレイバー』では「地下迷宮物件」、「ダンジョン再び」って話があるんだけど、これなんかまんま『Wizardry』のパロディだし、劇場版『機動警察パトレイバー2 the Movie』ではトレボーやウィザード、プリースト、ワイバーンといったコールサインが使われてるんだけど、これらは『Wizardry』の用語なんだ。
また、『Wizardry』にハマっていた時に、「パチンコは玉を換金して稼げるのに、何故、RPGのゴールドや経験値は換金出来ないのか?」と思い、もし換金出来る世界があったら、と映画『Avalon』を作ったそうだよ。

Avalon Trailer


『Avalon』は『Wizardry』のようにクラスがあり、プレイヤーは「ファイター」、「シーフ」、「メイジ」、「ビショップ」といったクラスに就いて戦うんだ。もっとも、ファンタジー世界ではなく、重火器を使った現代に近い戦場が舞台なんだけどね。世間ではあまり評価の高い映画では無いんだけど、『Wizardry』やネットゲームにハマった人なら面白いんじゃないかな?
押井さんは他にもファミコン用ソフト『サンサーラ・ナーガ』、スーパーファミコン用ソフト『サンサーラ・ナーガ2』というRPGの監督もやっていたんだ。

サンサーラナーガ2 PV "sansa-ra na-ga 2 promotion video"


TRPGにも興味があるらしく、水野良『ロードス島戦記』のリプレイを読んだり、TRPGのルールブックを買い込んだり、コンベンションに顔を出した事もあったそうだよ。まぁ、コンベンションは参加したんじゃなくて見に行ったんだけど、その時「ついていけない」と遊ぶのを諦めてしまったみたい。
でも、ルールブック風に世界観を表現する事には、今でも興味があるみたいだよ。
押井さんがマスター のTRPG、凄く参加したいんだけどなぁ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。