FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎧には大きく分けて、金属鎧と非金属鎧があるよ。材質が違う、という事は重さや防御力が違う、という事でもあるよね。

ゲームだと、衣服も鎧として扱う事が多いよね。ローブやクロース・アーマーというやつだね。布製で軽いけど、防御力もまぁ衣服だからそんなに期待出来ない。裸よりはるかにマシだけどね。

なめし革で作った革の鎧は、柔らかめのソフト・レザー・アーマーと、硬いハード・レザー・アーマーとに大きく二分出来るよ。金属鎧が身につけられない盗賊でも装備出来るよ。現代でも、レザー・ジャケットやライダー・スーツなどはバイクでの転倒時に身を守ってくれるよね。

服や革鎧に鉄片を縫い付けて防御力をアップさせた鎧もあるよ。鱗状の鉄片を縫いつけたスケイル・アーマーがそうだね。

下地は使わず、鉄の小札を繋ぎ合わせて作ったラメラー・アーマーというのもあるし、帯状の鉄片を繋ぎ合わせて作ったバンデッド・メイル、鎖を編んで作ったチェイン・メイル、板金で作った甲冑のプレート・メイル、全身をくまなく覆うスート・オブ・アーマー、と一口に鎧と言っても色んな種類があるんだ。
重ね着もするしね。

直接、鎧を着ると肌が擦れてしまうので、鎧下(綿入れ)というのを着てから、鎧を着込むよ。
鎧のパーツは兜、胸当て、スカート、籠手、脛当てに分かれている。それを着けていくんだけど、特にプレート・メイルやスート・オブ・アーマーなんかは誰かに手伝って貰わないと、脱着に時間がかかるだろうね。

ゲームによっては金属鎧、非金属鎧で性能が違う事が多いから、鎧選びも慎重に行いたい。
ガチガチに鎧を着込んだら魔法が使えない、なんてのは冒険者として恥ずかしい失敗だからね。

女騎士と鎧職人の恋愛を描いたソード・ワールドの短編小説『ジェライラの鎧』には、鎧の工程が描かれていて大変参考になる。
レプラコーンの涙―ソード・ワールド短編集 (富士見ファンタジア文庫)レプラコーンの涙―ソード・ワールド短編集 (富士見ファンタジア文庫)
(1990/01)
水野 良

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。