FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガー

ogreは人喰い鬼とも訳される事が多いね。オーガーの他には、オーガ、オウガ、オグレ、オグル、オーグルという読みがあるよ。
大柄な野蛮人のような姿、もしくは獣じみた大男のようなモンスターで、ちょうど日本の鬼から角を取ったような感じかな?
スカンディナヴィア半島ではトロールと同一視されているようだね。

元来は単なる「人喰い鬼」として扱われてきたんだけど、オーガーという名前が初めて登場したのは、シャルル・ペロー『長靴をはいた猫』だよ。

ゲームによっては巨人に分類しているものもあるね。
人喰い鬼という位なので、ヒューマノイド(人間型生物)を食べる凶暴なヤツだ。
『Wizardry』に登場するオーガーロードや『ファイナルファンタジー』シリーズに登場するオーガメイジのように、中には呪文を唱えるものも存在する事があるよ。
『ロードス島戦記』の一巻で、魔法使いの館をダークエルフと共に警護していたオーガーがいたけど、恐るべき生命力を有していて、ディードリットがレイピアを心臓に突き入れても、すぐには絶命しなかった。

まぁ、ゲームに登場するオーガーはそこまで危険な存在じゃないけど、こいつと1対1で戦えるようになったら、戦士としての腕前は確かなものだと思うよ。
長ぐつをはいたねこ―ペロー童話集 (偕成社文庫 2058)長ぐつをはいたねこ―ペロー童話集 (偕成社文庫 2058)
(1978/11)
シャルル・ペロー花輪 莞爾

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。