FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホブゴブリン

Hobgoblinは中世ヨーロッパの伝承に登場する妖精で、民家に住み着いて悪戯をしたり、親切にしてくれた人には幸運をもたらすような存在だったんだけど、何故かゲーム中に登場する場合は、ゴブリンの亜種で、邪悪な存在として描かれる事が多いよね。

Hobgoblin

ゲームに登場するホブゴブリンは、ゴブリンに比べて体格がよく、ゴブリンのボディーガード的存在として登場する。
意気地が無いから、ちょっとした魔法を使ってやれば、ゴブリンを置いて平気で逃げ出していってしまう。

イギリスのビールにズバリ「Hobgoblin」という銘柄があって(画像は、このビールのマークから)、東京や神戸にある同名のパブに行くと、このビールのドラフトが飲めるよ(お酒は二十歳になってから)。

また、『スパイダーマン』の悪役にも、グリーンゴブリンの名声を奪おうとした男が変身したホブゴブリンというキャラクターが登場する。

日本ではちょっと馴染みが薄いけれど、欧米では愛着のあるモンスターなんだろうね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。