FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍は長い柄に穂先を取り付けたもので、有史以前から使われ続けてきた歴史の長い武器だよ。
数十センチ~5メートルほどのものまで存在するよ。

槍は用途によって分類される。
まず、一般的なスピア。長さにもよるけど、片手、もしくは両手で扱う。突き、刺し、斬り、突撃、短いものなら投げつける事も出来る。一見、万能武器のように思えるけど、狭いダンジョンの中では、逆に命取りにもなりかねない。
槍は、使用する場所を選ぶ武器と言えるだろうね。

次に有名なランス。これは馬上槍とも呼ばれる通り、騎士が騎乗した状態で使った槍で、穂先は刃物ではなく尖っている状態で、大きなナックルガードがついているのが特徴的だ。
騎士の象徴とも言うべき武器で、騎士以外は使わないのが普通だよ。
振り回すのに適した形状をしていないので、基本的に騎乗した状態での突撃しか出来ない。つまり、馬に乗ってなければ意味が無いとも言えるよ。こんなもの担いでダンジョンに潜るなんて、正気の沙汰とは思えないよね。
ゲームによっては、馬ではなくドラゴンに騎乗した状態で使うドラゴン・ランス(竜騎士槍)というものもあるよ。

また、投槍として有名なジャベリン。これは投げるのに適した1.5~2メートルほどの短い槍で、片手でも扱える。

世界史の授業で習った重装歩兵密集隊(ファランクス)が使っていた長い槍は、パイクとかサリッサと呼ばれるもので、槍襖を形成して敵軍に突っ込む、または攻めてきた敵を串刺しにするといった戦法に使用された。ゲームだと、こうした戦法に関するルールが無いから、ちょっとダメージの大きい長い槍って扱いがほとんどだよ。
馬上槍試合の騎士―トーナメントの変遷 (オスプレイ戦史シリーズ)馬上槍試合の騎士―トーナメントの変遷 (オスプレイ戦史シリーズ)
(2003/03)
クリストファー グラヴェットアンガス マックブライド

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。